Jump to Content
ディープ、リッチ&ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS NEW

24.169

価格
¥451,000
発売日 2022.12.2
熟成年数 33 Years
蒸留年 1989
カスク 1st Fill Butt / Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 611
アルコール度数 53.8%
*1回のクレジットカード決済金額の上限が¥990,000のため、一度にご購入できる本数は2本までとなります。3本以上ご要望の方はお手数ですが、購入を複数回に分けてご注文ください。

タイトル: Bonkers for conkers / コンカ―スに夢中になる

[香り]深い赤褐色の色調は、磨き上げられたトチノキ、ローズヒップ、白樺の枝、プルーン、デーツ、イチジクのアロマとともに、私たちを秋の風景へと導いてくれる。テイスティングでは、まず「まだピリピリしている」と感じ、次に干し草で燻した鹿の卵、ブラックベリー、ビーツの風味が、フレッシュベリーのシャンティイケーキと美しく調和していることに気づく。加水すると、杉、タバコ、ダークチョコレートの香りに加えて、焼き栗の香りが感じられる。
[味わい]口に含むと、オレンジオイル、ラズベリー、ブラックベリーのジャム、そしてティラミスとコンカーコーヒーリキュールによる長い余韻が感じられる。
Refill Oloroso Buttで29年間熟成させた後、 First Fill Oloroso Buttに移し替え。

A deep russet hue led us straight into an autumn landscape with aromas of polished horse chestnuts, rosehip, birch branches, prunes, dates and figs. Tasting neat the first thing we noted was “still plenty of zing”, followed by flavours of hay-smoked roe deer with blackberry and beetroot beautifully balanced by a fresh berry chantilly cake. After reduction, we found cedar, tobacco and dark chocolate notes next to the scent of roasting chestnuts. On the palate were orange oil, raspberry and blackberry jam, ahead of a long finish from a tiramisu with conker coffee liqueur. Following 29 years in a refill oloroso butt, we transferred this whisky into a first fill oloroso butt.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»