Jump to Content
スパイシー & ドライ / SPICY & DRY

NEW 44.121

価格
¥15,000(税別)
発売日 2020.9.18
熟成年数 16 Years
蒸留年 2003
カスク 1st fill hogshead / Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 255
アルコール度数 59.5%

タイトル: Hotaru in an orange grove / 蜜柑畑の蛍

[ノーズ]3種類のマーマレード(オレンジ、レモン、ライム)を調理しているような新鮮な柑橘系のアロマで、生姜のタッチがスパイシーなストロベリービーフジャーキーの風味を添えている。
[パレット]スペルトパンのトーストと苦みのあるオレンジのママレード、甘くわずかに柑橘系の胡椒、フィニッシュは松の樹脂のニュアンス。加水するとまずグラファイトオイルを感じるが、すぐにビターオレンジに戻る。その後ダークチョコレートのムース、ビターハーブエキスとポルトガルのオレンジケーキの組み合わせ。14年間ex-bourbon hogsheadにて熟成後、1st fill Oloroso hogshead にて後熟。

Bursting with fresh citrus aromas like cooking a three-fruit marmalade (oranges, lemons and limes), with a touch of ginger root alongside a sassy, spicy strawberry beef jerky. On the palate neat, toasted spelt bread topped with bitter orange marmalade was followed by sweet, slightly citrusy, peppercorns and in the finish, a hint of pine resin. When we added water an initial whiff of graphite oil but soon we were back to the bitter oranges - now in a dark chocolate mousse whilst to taste, bitter herb extract combined with Portuguese orange cake – intriguing! After fourteen years in an ex-bourbon hogshead we transferred this whisky into a 1st fill Oloroso hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»