Jump to Content
スパイシー & ドライ / SPICY & DRY

NEW 39.171

価格
¥12,000(税別)
発売日 2019.4.5
熟成年数 12 Years
蒸留年 2006
カスク 1st Fill Barrique / Charred Wine Toasted Heads*
地域 Speyside
ボトリング本数 251
アルコール度数 59.2%

タイトル: Comes out swinging / スイングしながら

[ノーズ]
燃える木、外皮のはがれた小枝、砕いたシダ、そして濡れた落ち葉を最初に強く感じる。ミネラルオイルや、濡れた小石、栗、苔、土っぽさ、そして白い花の香りも。徐々に暖かい革製の鞄、ビスケット、チェリーストーン、ラノリンクリーム、緑茶、ドライラズベリー、そしてメープルシロップ。
[パレット]
味わいはパンチのある胡椒がまず現れる。続いてセージビスケット、チーズスコーン、ウッドスパイス、マスタードパウダーがミントの爽快さと一体になっている。加水するとチョーク、石灰岩、缶詰のマンゴー、バナナ、オリーブオイル、チャイブそしてバタービスケット。
10年間、bourbon hogshead に熟成の後、1st fill barrique に移し替え。

The panel found a powerful nose of burning wood, stripped twigs, crushed ferns and wet autumn leaves to begin with. Also noted was mineral oil, wet pebbles, chestnuts, moss, earth and white flowers. Reduction gave us a warm leather satchel, hobnobs, cherry stones, lanolin, green tea, dried raspberries and maple syrup. The palate displayed a punchy pepperiness at first sipping. This gave way to a mouth coating mintiness with sage biscuits, cheese scones, wood spice and mustard powder. Water revealed chalk and limestone qualities with canned mango chunks, banana split, olive oil, chives and butter biscuits. This whisky spent the first 10 years of its life in a bourbon hogshead before being transferred to a first fill barrique.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»