Jump to Content
甘い、フルーティー & メロー / SWEET, FRUITY & MELLOW

NEW 37.113

価格
¥12,500(税別)
発売日 2019.12.6
熟成年数 15 Years
蒸留年 2002
カスク 2nd Fill Barrique / Charred red wine
地域 Speyside
ボトリング本数 228
アルコール度数 59.2%

タイトル: Biscuit bisque / ビスケットとビスク

[ノーズ]最初に奇妙なほどべたつくワックス感。古い道具箱、発酵したミード、オリーブオイル、トーストしたカボチャの種、踏みつけたクローバー、バターで炒めた紫ブロッコリーの香り。この奇妙な寄せ集めの中には、カスタードクリーム、砕いたヘーゼルナッツ、ワインガムなどの力強い特色がある。加水するとライム油、ベーキングソーダ、ダイジェスティブビスケット、麦芽糖、コーンブレッド、濃縮ではないオレンジジュースが柔らかさと甘さを感じる。
[パレット]9種のミント、砕いたシダといくつかの散らばった緑色のフルーツの後に、温かいスパイス、グリーンペッパー、ラプサンスーチョン茶、煮詰めたプルーンの味わい。ヒマワリ油、ストロベリーワイン、黄色いワイルドフラワー、そして微妙なワックス感が戻ってくる。
Bourbon hogsheadに14年熟成の後、2nd fill charmed red wineに移し替え。

The panel noted first a curiously sweaty waxiness. Aromas of old tool boxes, fermenting mead, olive oil, toasted pumpkin seeds, trodden clover and butter-sauteed purple broccoli. Underneath all this curious jumble were some more stalwart qualities of custard creams, crushed hazelnuts and wine gums. Water softened and sweetened things out with notes of lime oil, baking soda, digestive biscuit, barley sugar, corn bread and orange juice (not from concentrate). To taste we found warm spices, green peppercorns, lapsang souchong, a couple of stewed prunes, after eight mints, crushed ferns and a few scattered green fruits. When reduced we added sunflower oil, strawberry wine, yellow wild flowers and a resurgent, subtle waxiness. After 14 years in a bourbon hogshead this was transferred to a 2nd fill charred red wine barrique.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»