Jump to Content
芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS NEW

24.153

価格
¥17,800
この商品は抽選販売となります
受付開始 2021/10/1 18:00
受付終了 2021/10/7 0:00
当選発表 2021/10/8 10:00
配送可能エリア 日本国内 ,海外
抽選受付は終了しました
皆様に気持ちよくご購入いただくため、当選後キャンセルの可能性がある方は応募をご遠慮いただけます様お願いいたします
発売日 2021.10.8
熟成年数 12 Years
蒸留年 2008
カスク 1st fill hogshead / Spanish oak Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 335
アルコール度数 63.3%

タイトル: Midsummer Night’s Dream / 真夏の夜の夢

これは暗く、神秘的で、恐れ多くもある。バナナは、イチジク、ナツメヤシ、クローブを副葬品としてパピルスを防腐処理する儀式で、リネンで包まれた石棺でミイラ化された。とても滑らかで、とても甘く、とてもスパイシーで、ノチノやドゥ・ノアと呼ばれる6月24日より前に摘み取られた、熟していない緑のクルミを使った、洗礼者ヨハネの祝祭日として知られ、真夏の夜のお祝いとしても知られている酒精強化ワインのよう。シェイクスピアのこのタイトルの喜劇に出てくるボトムのセリフ「玉葱を食べてはいけない、にんにくもだめだ。匂いのいい息をださなくてはいけないからな」が浮かぶ。
2018年に厳選されたオロロソバット樽を組み合わせた後、異なるカスクに戻してさらに追熟。これはそれらのカスクの1つ。

This was dark, mysterious and outright scary – banana mummified in a sarcophagus wrapped in linen with the ritual of embalming papyrus with figs, dates and cloves as grave goods. Very smooth, very sweet and very spicy maybe like a Nocino de Noix; a fortified wine with green unripe walnuts picked before the 24th of June, known as St. John the Baptist feast day, also known as the celebration of Midsummer night. Shakespeare in his play let Bottom instruct the actors “eat no onions, not garlic, for we are to utter sweet breath”. In 2018 we combined selected oloroso butts before returning the single malt to a variety of different casks to develop further. This is one of those casks.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»