Jump to Content
スパイシー & ドライ / SPICY & DRY

NEW 1.208

価格
¥23,000(税別)
2019.03.22 発売
発売日 2019.3.22
熟成年数 21 Years
蒸留年 1997
カスク 1st Fill Hogshead / PX
地域 Speyside
ボトリング本数 234
アルコール度数 54.3%

タイトル: Long conversations by the crackling log fire / 暖炉の前で長い談話

[ノーズ]
深夜遅く、革の椅子にすわり。塩味のプラムと砂糖がけのオリーブを少しづつかじりながら暖炉の前でくつろいでいるかのよう。チェリーチリリコリスのピリッとした後にクローブとシナモンのスパイス感が続き、フィニッシュはとてもドライ。加水すると微かな煙草、厚くカットしたマーマレードと海鮮醤。
[パレット]
フルーツの入ったモルトローフとカシス、サルタナ、レーズン、甘くスパイスを加えたドライオレンジのスライス。
Ex-boubon hogsheadで19年間熟成した後、1st fill PX hogsheadに移し替え。

We imagined sitting in leather armchairs late at night just having thrown the last log into the open fire, nibbling on salted plums and candied olives. Initially a kick like with cherry chilli liquorice, followed by spices (cloves and cinnamon) and finishing very much on a dry note. With water earthy aromas with hints of tobacco, thick cut marmalade and hoisin sauce, whilst to taste now a rich malted fruit loaf with plenty of currants, sultanas and raisins as well as lightly sweetened spiced oven dried orange slices. After nineteen years in an ex-bourbon hogshead we transferred this whisky into a 1st fill PX hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»