Jump to Content
いいえ

B3.6

価格
¥13,750
熟成年数 4 Years
蒸留年 2015
カスク New oak barrel / Charred
地域 Arkansas
ボトリング本数 216
アルコール度数 57.3%

タイトル: The wee orange beastie / ウィーオレンジビースティ

[ノーズ]焦げたヘシアン、燻製赤身肉、スパイスの効いたバニラケーキ、生の甘草の根、とわくわくして身をゆだねたくなる香り。オレンジコーディアルとスパイスの効いたママレードの香りが広がる。無煙炭の煤、スモークしたジュニパーウッド、木炭、アニスリキュール、ターメリックの土臭さ。加水すると、ワックスキャンバス、咳止め薬、チェリー味ののど飴、フレッシュペイントのニュアンス。
[パレット]ヴィックスヴェポラップ、ウィンターグリーン、ハーブを漬け込んだ薬、長期乾燥させた陳皮、乾燥したレモンの皮、ウインタースパイスをいれたスープストック。よりパンチの効いたスパイスの効いたオレンジも感じる。加水すると、うま味調味料、炭塵、古いインクツボ、軟膏、冷却油、キャンバス、唐辛子フレークを混ぜたビターチョコレート。
マッシュビル:アーカンサスコーン82%、アーカンサス小麦9%、大麦麦芽9%.

A delightful nose unfolded and yielded charred hessian, cured red meats, spiced vanilla cake and raw liquorice root. Big notes of orange cordial and spiced marmalade. Also, anthracite soot, smoked juniper wood, charcoals, aniseed liqueur and turmeric earthiness. With water we got waxed canvass, cough medicines, cherry throat sweets and hints of fresh paint. The palate opened with molten vapour rubs, wintergreen, herbal infused medicines, long aged Chenpi, dried lemon peel and dark winter spices in broth. More punchy spiced orange notes too. Water brought umami seasonings, coal dust, old ink wells, ointments, cooling oils, canvas and bitter chocolate infused with chilli flakes. The mashbill was 82% Arkansas corn, 9% Arkansas wheat & 9% malted barley.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»