Jump to Content
ヤング&スプライトリー / YOUNG & SPRITELY

79.6

価格
¥12,100
熟成年数 9 Years
蒸留年 2012
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Highland
ボトリング本数 234
アルコール度数 60.8%

タイトル: Rough and jumble / 荒く乱雑

ベースとなる材料により非常に頑丈にしっかりとした構造化された一杯であることに気づく。たっぷりの製粉した生の麦芽、ビスケットのような甘さ、ガソリンのニュアンスと咳止めの塗り薬。加水すると、花粉、タバコの紙、メンソールタバコが加わり、シリアル感と医薬品感の良い感じのバランス。味わいはまずミネラル感のあるの薬、石灰岩、ガーゼ、うがい薬、砂糖コーティングしたショウガ。ワックス状のベーキングペーパー、ブラウンブレッド、そして新鮮さを感じるグリーンの酸味。加水すると、キャラウェイ、アニス、トーストしたフェンネルと咳止め飴が現れる。力強く楽しく、非常に珍しいハイランドウイスキー。

Immediately it was apparent that this was a firm, robustly malty and well-structured dram built around its base ingredients. Lots of naked, raw gristy barley, a seam of biscuity sweetness and touches of petrol and vapour rubs. Water added pollens, cigarette papers and menthol tobacco. A lovely cereal and medical balance. The initial palate was all on chalky medicines, limestone, gauze, mouthwash and crystallised ginger. Some waxy baking paper, brown bread and some green acidity providing freshness. Reduction unveils caraway, aniseed, toasted fennel and cough mixtures. Robust, fun and highly unusual highland whisky.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»