Jump to Content
スパイシー & ドライ / SPICY & DRY

63.80

価格
¥12,650
熟成年数 9 Years
蒸留年 2011
カスク 1st fill butt / Spanish oak Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 556
アルコール度数 66.4%

タイトル: Stuck to the fruity velcro / フルーティーなベルクロにこだわる

[ノーズ]しっかりとしていながら滑らかな香り。甘いレーズン、イチジク、サルタナ、そして粘り気のある無数のダークフルーツ。モルトローフ、酒に浸したダンディーケーキ、アルマニャックで煮込んだプルーン、黒トリュフ、バルサミコ酢。加水すると、グアバ、マンゴージャム、赤いフルーツコーディアルなどの甘く軽いフルーツ感、パイプタバコ、湿ったカビの生えたワインセラー、熟成したトカイ、プラムワイン。
[パレット]大きく、パンチがあり、とてもスパイシー。たっぷりのドライピンクペッパー、タバスコソース、野生のイチゴ、パプリカ、チリチャツネ、ジュニパーグレイビー。加水すると、シナモンスワールペストリー、黒味噌、ドライミント、オールドオレンジワイン、カルダモン、濃いアイリッシュコーヒー。
7年間American oak buttで熟成した後、first fill Spanish oak oloroso buttに移し替え。

A robust and unctuous aroma greeted us. Sweet raisins, figs, sultanas and a myriad display of sticky dark fruits. Malt loaf, booze-soaked Dundee cake, prunes simmered in armagnac, black truffle and balsamic reduction. With water we got sweeter and lighter fruit tones like guava, mango jam, red fruit cordials and then pipe tobacco, damp and musty wine cellars, aged Tokaji and plum wines. The neat palate was big, punchy and assertively spicy. Lots of dried pink peppercorns, tabasco sauce, wild strawberries, paprika, chilli chutney and juniper gravy. Water brought out cinnamon swirl pastries, black miso, dried mint, old orange wines, cardamom and strong Irish coffee. Previously in an American oak butt for seven years before being transferred to a first fill Spanish oak oloroso butt.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»