Jump to Content
芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

37.134

価格
¥19,800
在庫切れ
熟成年数 17 Years
蒸留年 2003
カスク 1st fill hogshead / Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 230
アルコール度数 55.7%

タイトル: Pheasant banana / キジとバナナ

[ノーズ]樽熟成バナナ!? ブラウンシュガー、ブラッドオレンジカクテル、クランベリーゼリーと共に焼いた魅力的なバナナ。ビールレアビット、ジビエのミートパイ、ワックス状グリースの深い香り。舌ざわり、厚み、そして素晴らしく密度が高い!加水するとすべてがより素朴で、より広く、より黒胡椒、ドライローストナッツ、刻んだナツメヤシ、酒に漬け込んだサルタナ。背景にマトンスープのシルキーなうま味。
[パレット]リッチで、冬の熟成スパイス、狩猟肉、高価なブラックコーヒー、広葉樹樹脂、旋盤の削りくず。加水すると、ジビエ感がより顕著になり、側面にカルダモンカスタードが少し入ったアルマニャックのイチジクの煮込みなど、より深みのあるフルーツ感が現れる。
15年間bourbon hogsheadで熟成した後、first fill oloroso hogsheaに移し替え。

The Panel initially suggested this may as well be cask aged bananas. A big, inviting morass of bananas baked with brown sugar, blood orange cocktails, cranberry jelly and then deeper notes of beery rarebit, game pie and waxy grease. Textural, fat and wonderfully dense! Reduction made everything earthier, broader and more towards black pepper, dry roasted nuts, chopped dates and booze-soaked sultanas. A silky umami vibe of mutton broth in the background. The palate was initially rich and full of winter mulling spices, game meats, expensive black coffee, hardwood resins and lathe shavings. With water these gamey notes became more pronounced and darker fruit tones emerged such as stewed figs in armagnac with a dollop of cardamom custard on the side. Matured for 15 years in a bourbon hogshead before being transferred to a first fill oloroso hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»