Jump to Content
芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

24.140

価格
¥300,000(税別)
熟成年数 30 Years
蒸留年 1989
カスク Refill butt / Sherry
地域 Speyside
ボトリング本数 565
アルコール度数 50.4%
【2020.07.25】こちらの商品は決済金額の上限額の関係上、1回のご注文につき3本までのご注文とさせていただきます。また、こちらの商品はクレジットカードもしくは銀行振り込みでのお支払いをお願いしております。何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

タイトル: Sublime nectar / 崇高な蜜

[ノーズ]魅惑的な甘くフローラルでありながら非常に繊細な香りが私たちを魅了し、まるで魔法にかけられたよう。バラの花びら、桃の果樹園、オレンジの花、マジパン、そして夏のフルーツリキュールのベールのような香り。はるかに遅れてジューシーな鹿肉の蒸し煮を感じる。
[パレット]すっきりとした味わいはニュージーランドのマヌカハニー、土、オイル、草木、大胆でリッチで複雑、崇高な味わい。加水するとバタースコッチ、ローズウォーター、ミード、バニラアイスクリームの上に載せたストロベリーオレンジメレンゲとミントの味わい。

A mesmerising sweet and floral yet extremely delicate scent bewitched us and we felt we’d fallen under a spell. Veil-like aromas of rose petals, peach orchards, orange blossom, marzipan and a summer fruit liqueur emerged and much later (it deserves that time), we slow-cooked succulent braised venison. The taste neat was simply sublime, like a scoop of thick New Zealand Manuka honey with that characteristic earthy, oily, herbaceous and florid rich, complex flavour. Diluted, the aroma turned to butterscotch, rose water and mead whilst on the palate a strawberry-orange mélange served over vanilla ice-cream and garnished with mint sprigs.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»