Jump to Content
熟成感 & 濃厚 / OLD & DIGNIFIED

39.144

熟成年数 26 Years
蒸留年 04/1990
カスク 1st Fill Barrique / French Oak Hogshead Hard Toast
地域 Speyside
ボトリング本数 151
アルコール度数 56.7%

タイトル: Decadently delicious / 極上の味わい

[ノーズ]とてつもなく魅力的、フレッシュで明るく、奥深い香り。バラの庭、線香、バニラ、キャラメルプリン、甘いエスプレッソの残り香。素晴らしくおいしいレーズンダークチョコレート、チェリーとオレンジ。
[パレット]ベルベットのような滑らかな舌ざわり。最初にトフィの甘さ、シロップ、マジパンとアーモンドの砂糖コーティング。熟したいちぢく、プルーン、アルマニャックタルトとフルーツケーキ。奥底には革、たばこ、オークとシナモンスパイス。加水すると、薫り高いお菓子やトロピカルフルーツの甘さ。
26年ex-bourbon woodで熟成し、new French oak hogsheadにて後熟。


The nose was utterly delightful – fresh and bright, yet heady and deep – rose gardens, incense and vanilla, crème caramel, barley sugars and sugary espresso dregs. We also got decadently delicious dark chocolate flavoured with raisins, cherries and orange, The palate had velvety textures and initial sweetness of toffee, syrup, marzipan and almond brittle – before deepening to ripe figs, prune and Armagnac tart and fruit-cake; under that – base layers of leather, tobacco, oak and cinnamon spice. Water rejuvenated the palate, bringing out perfumed sweets and tropical fruits. One panellist spoke for us all – ‘Give me a bottle, now!’ After 26 years in ex-bourbon wood, we transferred this to a new French oak hogshead.

【ソサエティ日本支部のコメント】

New Partner Bar CAT's & DOG's 寺西氏のコメント

バーボン樽から来る木の皮の香りとカラメルの甘さ、森の中にいる様な重厚感。苦みと焼いた南国フルーツが行ったり来たり。ピスタチオなど軽い塩味の効いた物と合わせればさらに広がる。

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»