Jump to Content

アイルオブハリス

正式オープンは2015年、ハリス島初の商業規模蒸留所であり、アウターヘブリディーズ諸島で2番目の蒸留所である。
島のすぐそばで取れた昆布をフレーバーに用いて製造したジンを発売、その後2015年終わりまでにシングルモルトの生産を開始する。
このウイスキーはThe Hearach-ゲール語で「ハリス島の住人」と名付けられる予定。

2015
稼働中
Tarbert, HS3 3DJ
アイランズ