Jump to Content

グレンスペイ

ソサエティ初ボトリング 1990年
ローゼス城の廃墟の近くに位置するこの蒸留所は、最初は 「ミルズ・オブ・ローゼス」と呼ばれていたが、穀物商人所有者の主たる事業の延長であった。1887年に有名なロンドンのワインとジンの会社であるW&A ギルビー社によって買収され、その結果IDVの一部となる。1970年に再操業され拡張。その製造はJ&Bのブレンドの重要な原酒であり、シングルモルトとしては広く知られていない。

1878
稼働中
Rothes, AB38 7AU
スペイサイド