Jump to Content
スパイシー&スイート / SPICY & SWEET NEW

Code 85 for 2024 Festival

価格
¥23,320
発売日 2024.5.10
熟成年数 15 Years
蒸留年 2007
カスク Refill & 1st Fill Hogshead / Bourbon & Spanish Oak Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 853
アルコール度数 57.5%

タイトル: Freeform Jazz / フリーフォーム・ジャズ

焼いた小枝を使い、コールタールとブナの木で燻したネクタリンをカモミールとシロップの薬効薬に混ぜる。そこにヒッコリースモークを吹き込んだイチジク、スイートマスタード、カットしたオレンジを加え、バーベキューしたブリスケットを入れて煮込む。ほんの1滴加水すると、焼かれたヘザーからの炎が、トリークルに浸したベーコンの表面をくすぐり、ジューシーなパイナップルの皮がふくらんでポンと弾ける。オーブンから出したばかりのもちもちのジンジャーケーキとブリオッシュパンに入ったクルミ、フィニッシュにはブランブルジャム、コーヒー豆、タイムの小枝。
このスモールバッチの出発点は、2つのバーボンホグスヘッドシングルモルト・スコッチウイスキーで、1つの樽は11年熟成した後、first fill American oak PX hogsheadへ移し替え、もう1つの樽は10年熟成の後、refill Spanish oak oloroso hogsheadに移し替え、瓶詰め前に樽同士を混ぜ合わせた。

Using burnt twigs we stirred coal tar and beech wood-smoked nectarines into a medicinal potion of chamomile and syrup. Then to the mix came figs infused with hickory smoke, sweet mustard and orange segments, before in went barbecued brisket to simmer. A dash of water caused the flames from burning heather to tickle the rind of bacon dipped in treacle as the skin of juicy pineapples bubbled and popped. Our attention now turned to sticky ginger cake and walnuts in brioche buns, fresh from the oven and finished with bramble jam, coffee beans and sprigs of thyme. The starting point for this small batch was two bourbon hogsheads of single malt Scotch whisky. One cask was transferred at 11 years old years old to a first fill American oak PX hogshead, and the other at 10 years old to a refill Spanish oak oloroso hogshead. The casks were then married together before bottling.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»