ザ・ヴォルツ・コレクション 2019

ザ・ヴォルツ・コレクション の由来について

ザ・ヴォルツ・コレクションは、ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティの貴重なカスクから厳選された、最高級で最も希少なシングルカスクの商品レンジです。 何十年もの間、慎重に熟成され、我々のカスクの中の宝物としてリリース致します。ザ・ヴォルツ・コレクションは蒸留所の様々なスタイルや閉鎖蒸留所などの機会を含んだ、ウイスキーの歴史をたどる旅のチャンスを示してくれることでしょう。

このコレクションの名前はエジンバラの港町リースにあるソサエティの本部である「ザ・ヴォルツ」から名付けられました。この建物は、スコットランドで最も古くから使用されている商業施設の一つで、飲料取引については12世紀にまで遡ります。

我々のザ・ヴォルツ・コレクションの初リリースは2017年。ソサエティが35周年目を迎えた事を記念し、24.129 、 25.70 、 29.234の3カスクがリリースされました。

ザ・ヴォルツ・コレクションとは

我々は非常に珍しいウイスキーを選定する際に、ザ・ヴォルツ・コレクションとして我々のコア・レンジとは異なるパッケージとしてリリースしています。黒いラベルですが、コア・レンジと同様にボトルネーム、熟成年数、フレーバープロファイルを記載。また、ロゴについてはウイスキーが銅製スチルから誕生したように銅色の彩色を採用しており、2019年のザ・ヴォルツ・コレクションは四角窓からボトルラベルが見られる木製ボックスに内包されています。

なぜ、ザ・ヴォルツ・コレクションは高価なのでしょうか

ザ・ヴォルツ・コレクションはソサエティがリリースしてきた中で、最も高額のウイスキーです。
そのウイスキーのカスクはソサエティの貯蔵するストックの中でも頂点にあるものを選択。長期熟成されており、まさに貴重なカスクの1つであり、我々の熟成庫で完璧な熟成となるまでボトリングされることは絶対にありません。我々のシングルカスクはそれぞれにユニークさを求めますが、ザ・ヴォルツ・コレクションの希少性は、それぞれのカスクが一生で一度きりという、液体の歴史そのものを体現しています。

ザ・ヴォルツ・コレクションのボトルは私達のメンバーを異なる時代のウイスキー、もう生産されていない蒸留所、あるいはめったに見られない伝統的なスタイルを体験するためのものです。そのようなタイプのカスクは、年が経つごとに我々は遭遇するのが難しくなっています。そして、彼らがいなくなると、彼らは永遠になくなってしまうのです。是非その体験をこのコレクションで感じて頂ければと思います。

最新のザ・ヴォルツ・コレクションについて

スぺイサイドから3つのザ・ヴォルツ・コレクションがリリースされる予定です、全てが異なる個性を持つシングルカスクでCode: 24.137 / Code : 76.143 / Code: 41.118が日本支部に入荷します。

ジェレミー・アントンセン ソサエティ・アンバサダーによる解説

2011年からソサエティ・メンバーで、2012年からソサエティに勤務。2013年よりアンバサダーに就任。彼のキャリアはザ・ダイニング・ルームから始まり、直ぐにレストラン・マネジャーに昇格。エジンバラ 28クイーンストリートのメンバールーム、デューティー・マネジャーとして現在勤務している。

CODE:24.137 「The French polishers’ delight

/ 家具磨き職人の喜び」

熟成年数 30 Years / 蒸留年 1988
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside / ボトリング本数 169
アルコール度数 41.1% 詳細はこちらから

CODE:76.143 「 Wherefore art thou rancio?

/ どうして貴方はランシオ香なの? 」

熟成年数 31 Years / 蒸留年 1987
カスク 2nd Fill Barrique / Moscatel
地域 Speyside / ボトリング本数 231
アルコール度数 56.2% / 詳細はこちらから

CODE:41.118 「MEMORY LANE / 思い出の小道」

熟成年数 30 Years / 蒸留年 1988
カスク 1st Fill Hogshead / American Oak, PX
地域 Speyside / ボトリング本数 244
アルコール度数 49.2% / 詳細はこちらから

全てが80年代に蒸留された貴重なシングルカスクです。是非この機会にお楽しみください。