Irish whiskey a distilled history アイリッシュ・ウイスキー 蒸留の歴史

長年に渡る浮き沈みと1970年代のどん底を越えてアイルランドの蒸留シーンは回復し、本当に優勢にある。
スコットランドの蒸留所は、消費者の嗜好の変動や10年毎の市場の需要に応じて閉鎖や休止に追い込まれ、そして再度の復活がある。
しかし、1世紀の間にアイルランドのウイスキーに舞い降りた打撃は非常に大きなものでしたが、かつて世界を席巻していたこのアイリッシュ業界がほぼ消滅するのを見るには十分な時間でした。
1900年代初頭にはアイルランド全土で37の蒸留所が操業していたが、スコッチのために製造されたもので、最終的には国際的なロンドン商人は3つのアイルランドのウイスキーにシフトをした。その独特の(当時は望ましい)キャラクターについては、マッシュビルに未発芽の大麦を使用している。これは「ピュア・ポット・スチル」のウイスキーとして知られているスピリッツを製造するポットスチルによって蒸留されることから来ている。
そして、その強い味わいのために称賛され、市民が買うことのできる最上のウイスキーとして、評判が高かった。
右上の写真にある通り、これがアイリッシュ産業が自らの没落の種を蒔いた場所であり、その理由の1つはこの国のある1人の発明であった。それは、アイルランドの物品税監督官であり、未来の蒸留業の権利を握ることになる、イーニアス・コフィ―である。 スコットランドの蒸留所では、彼の連続式蒸留器が広く採用されていた。スコットランドでは、市場で定着し始めた滑らかなブレンドの大部分を占める安価なグレーンウイスキーを製造することができた。

一方、1878年に出版されたTruths About Whiskeyでは、アイルランドの蒸留所の団体は、コフィ―の連続式蒸留器は「良い、悪い、あるいは無関心であり、ウイスキーになることはできずその名前の下で売られるべきではない」と、批判した。より純粋で大胆な形のウイスキーを守るという彼らの基本原則は名誉なことだったかもしれないが、その間にスコットランドのブレンダーは国際市場での地位を強化し始めた。  

1933年に米国で禁酒法が終了するまでに、ブレンデッド・スコッチは人々の需要を満たした。一方で、アイリッシュ・ウイスキーは米国のスピークイージーへ偽物のアイリッシュの名前が付いた低品質のウイスキーが流通したことで反発を受けていた。 

同年、DCL社(Diageoの前身)ウイリアム・ロス チーフは、「アイルランドとは無関係である」と宣言した。さらに何十年にもわたる衰退が彼を証明した。1970年代半ばまでにアイルランド全体で操業する蒸留所は2つだけとなっていた。
ありがたいことに、話はそれだけでは終わらず、1990年代後半になると、シングルモルト・ウイスキーへの関心の高まりとともに、アイリッシュ・ウイスキーは長期間遅れに遅れたルネッサンスをようやく開始した。スコットランドのように、ブレンドは業界を後押しするかもしれない。しかし、今やシングルポットアイリッシュウイスキーの認知と認識が高まり、そして各地で新しいブランドとベンチャー企業と共に、古い蒸留所の再開のブームがある。
約100年かかったが、アイルランドのウイスキーが復活し、かつてないほどダイナミックになった。
過去からの爆発
ザ・ヴォルツでのスタッフ・テイスティングに、フルーティーでフローラルな香りするコード:51がボトリングされたことを嬉しく思います。   しかし、変わったアイリッシュ・ウイスキーでもある。未発芽の大麦を使用したピュアポットスチルのアイリッシュ・ウイスキーとは異なり、100%の大麦麦芽を使ったシングルモルトだからだ。この蒸留所のポットスチルは比較小さく、細長いネックがあり、より高いレベルの還流と、強いエステル香の特徴を持つより滑らかなスピリッツを生み出します。 「激しい花の香り」「本当にフルーティー」そして「フルボディで複雑」がその反応でした。私たちのアンバサダーの一人である(たまたま北アイルランド出身の)彼はこう言った:「スコッチウイスキーを通ぶる人でさえ、吹き飛ばされる程驚くことでしょう」。

今、私たちはあなたがスノッブではないことを知っています。アイルランドの味を最大限にご堪能ください。アイルランドの宝石であるソサエティのボトルについては、こちらから