パートナーバー:Bar Barns フレンチの名店との「フレーバー・ペアリング」を開催

フレーバー・プロファイルを探求するイベントがLa Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ / 愛知県名古屋市 / 代表 竹内 正樹)にて2019年1月27日(日)に開催致しました。

当イベントは、シングルカスク・ウイスキーに対して提唱する「フレーバー・プロファイル」とフランス料理への親和性の高さを感じたことから、名古屋を代表するソサエティのパートナー・バーであるBAR BARNS (バーバーンズ / 愛知県名古屋市 / 代表 平井杜居)の平井様にお力添えを頂き、この度の開催に至りました。

ソサエティはリリースの際に蒸留所の記載をせず、それに代わるコード(番号)とフレーバーの色合いでボトルを表現しています。「フレーバー・プロファイル」はウイスキーの生産地・蒸留所特有の味わいだけではない、シングルカスク(一つ の樽のみでリリースされること)ならではの味わいであるからこそ、絶え間なく変化する味わいの選択をナビゲートするソサエティ独自の方法です。12種類に色分けされた「フレーバー=味わい」の中から7つのフレーバーによるシングルカスク・ウイス キーが今回このペアリングに選ばれました。それぞれのフレーバー・プロファイルから料理の考案を竹内氏が設計、ペアリングの際のシングルカスクの提供方法は平井氏が厳選、することで究極のペアリングディナーが完成しました。

当日は20名のゲストがLa Floraison de TAKEUCHIを訪れ、この時期に相応しい食材から7品、竹内氏の特別メニューと11種類のシングルカスク・ウイスキーによる13種類の提供方法によってペアリングが実現しました。

1品目は「滑らかな人参のムースリーヌ 甲殻類のジュレと生雲丹 キャビアを添えて」。ペアリングとしてコード:88.14とソーダを1:3で合わせたものを7℃の温度で提供。この料理と合わせやすいハイボールからスタート。

その後は、めまぐるしく 変わるシングルカスクの味わいとフレンチの風味をペアリングでご堪能いただき、最後には昨年末リリースした、ウイスキーのロールスロイスと呼ばれる蒸留所のカスク3樽(コード番号24)をデザートと一緒に参加者の皆様に楽しんで頂きました。

今回のイベントにお力添えを頂いたソサエティ・パートナーバーのオーナーである平井氏は「先ずはこの度、このイベントを企画していただい、ソサエティ 橋本様、そしてイベントを快く引き受けてくださった竹内様に大変感謝致しております。ソサエティの提唱する「フレーバー・プロファイル」は、そのウイスキーの香りや味わいの方向性が分かりやすく、ボトルを選ぶ際の良き指針となりました。そ してソサエティの魅力の一つともいえる、パネラーによる繊細なテイスティングコメントは、このようなイベントには楽しく、そして欠かせないものだと思っております。特にそのウイスキーの中に含まれる果物、野菜、ハーブ等の食材がコメントさ れているものであれば、まさに「その食材が含まれたアルコール入りのソース」ともいえるのでないかと考え、ペアリングに取り組むことができました。」

世界的なウイスキー人気の中、「シングルカスク」への認知も広がっています。今後ソサエティでは、「フレーバー・プロファイル」を通じてウイスキー愛好家だけではなく、多くの方にシングルカスクの魅力を知って頂く活動を継続してまいり ます。

当日のメニューとペアリングカスク

①   滑らかな人参のムースリーヌ 
甲殻類のジュレと生雲丹 キャビアを添えて

【ペアリング】コード:88.14
ボトルタイトル:「A Highland yomp ハイランドを突き進もう」

フレーバー・プロファイル:
「SWEET, FRUITY & MELLOW 甘く、フルーティ&メロー」

このペアリングボトルはこちらから

②ハンガリー産フォアグラと鰻のコンプレッション 燻製バルサミコと山椒の香るクレーム スマックと赤ワイン塩を添えて

【ペアリング】コード:44.96

ボトルタイトル:「Who ate all the pies 誰がパイ全部食べちゃったの?」

フレーバー・プロファイル:

「SPICY & SWEET スパイシー&スイート」

このペアリングボトルはこちらから

③ 千葉県産天然あわびのムニエル その肝とほうれん草のリゾットと共に木の芽のエッセンスソース
【ペアリング】コード:4.245
ボトルタイトル:「Barnacles on a ship’s oar オールについたフジツボ」
フレーバー・プロファイル:「OILY & COASTAL オイリー&潮風」
このペアリングボトルはこちらから

コード:77.47 ボトルタイトル:「Delicatessens and old libraries デリカテッセンと古い図書館」
フレーバー・プロファイル:「SPICY & SWEET スパイシー&スイート」
このペアリングボトルはこちらから

④ 北海道産鮟鱇のムニエル
インカの目覚めのエクラゼを添えて ソースブールノワゼット
【ペアリング】コード:76.138
ボトルタイトル:「Sweet memories of autumn 秋の甘い思い出」  
フレーバー・プロファイル:「SPICY & DRY スパイシー&ドライ」
このペアリングボトルはこちらから

コード:24.136
ボトルタイトル:「A sweet seduction 甘い誘惑」
フレーバー・プロファイル:「SWEET, FRUITY & MELLOW 甘く、フルーティ&メロー」

⑤ フランスシャラン産の低温ロースト 下仁田ねぎのロティと旬の筍のフリカッセ 黒トリュフの香りで
【ペアリング】コード:24.135
ボトルタイトル:「An opulent temptation 華やかな誘惑」
フレーバー・プロファイル:「OLD & DIGNIFIED 熟成感&濃厚」

コード:93.95 
ボトルタイトル:「Tails of the sea 海の先端」
フレーバー・プロファイル:「OILY & COASTAL オイリー&潮風」
このペアリングボトルはこちらから

⑥   特製デセール

【ペアリング】コード:9.155

ボトルタイトル: 「Witches’ Night 魔女の夜」

フレーバー・プロファイル:「SPICY & SWEET スパイシー&スイート」

このペアリングアイテムはこちらから

⑦  珈琲、小菓子と共に

【ペアリング】

コード:72.68 ボトルタイトル:「Perfumed, sweet and summery 芳しく、甘く、夏のよう」フレーバー・プロファイル:「Old & dignified 熟成感&濃厚」

このペアリングボトルはこちらから

コード:24.134 ボトルタイトル:「A dark allurement 夕闇の誘惑」フレーバー・プロファイル:「Deep, rich & dried fruits 芳醇、濃厚&ドライフルーツ」

コード24.135 ボトルタイトル:「An opulent temptation 華やかな誘惑」フレーバー・プロファイル:「OLD & DIGNIFIED 熟成感&濃厚」

コード:24.136 ボトルタイトル:「A sweet seduction 甘い誘惑」フレーバー・プロファイル:「SWEET, FRUITY & MELLOW 甘く、フルーティ&メロー」