Jump to Content
ジューシー、オーク&バニラ / JUICY, OAK & VANILLA

95.81

価格
¥17,600
熟成年数 12 Years
蒸留年 2010
カスク 2nd Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 197
アルコール度数 64.4%

タイトル: Honey pie / ハニーパイ

[香り]ドライバナナチップス、オーク樽の削りかす、アーモンドバター、さらっとした蜂蜜。 コクがあり、クリーミーで広がりを感じるテクスチャー。加水すると、蜂蜜の香りがさらに増し、フルーツフラップジャック、ゴールデンシロップのスポンジケーキ、白濁したレモネード、ジャムドーナツなど、美味しい焼き菓子やケーキの雰囲気が豊かになる。
[味わい]砂糖漬けの柑橘類の皮、甘いグラノーラ、バニラアイスクリームで始まり、わずかに大麦の糖分と赤唐辛子のフレークが温かみを加える。加水すると、スイカズラ、松脂、鉋で削りたてのオーク、そしてフィニッシュにはまたハチミツを感じる。セカンド・フィルにしては驚くほど力強い樽感を感じる。


At first nosing the Panel detected dried banana chips, oak shavings, almond butter and runny honey; lots of richness, and a feeling of creaminess and big texture. With water we got more honeyed notes along with fruit flapjack, golden syrup sponge cake, cloudy lemonade and jam doughnuts – a wealth of delicious baked pastry and cake vibes. The neat palate opened with candied citrus rinds, sweet granola and vanilla ice cream, with wee hints of barley sugars and red chilli flakes adding warmth. Reduction brought honeysuckle, pine sap, freshly planed oak and a final extra drizzle of honey. This exhibits a surprisingly strong level of cask activity for a second fill we thought.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»