Jump to Content
スパイシー & 甘い / SPICY & SWEET

NEW 95.38

価格
¥8,800(税別)
発売日 2020.10.12
熟成年数 14 Years
蒸留年 2006
カスク 2nd Fill Barrique / Charred Red Wine
地域 Speyside
ボトリング本数 284
アルコール度数 58.9%

タイトル: Thoroughly fruity / 完璧なフルーティー

[ノーズ]活気のあるベリー果実の中に暖かなスパイスと糖蜜の香りを感じる。ブラックチェリーとドライフルーツ、シナモン、オールスパイス、ナツメグをふりかけたモルトローフをトーストしている様な香り。
[パレット]チリとジンジャーママレードのピリッとした味わいと共にイチゴとイチヂク、キールロワイヤルのようなワインの味わいも感じる。加水するとプラムとレッドカラントの香りが出てきて、その後トーストしたシリアル、ナッツと麦のお粥を感じる。ルバーブクランブル、パイナップルとレモンのケーキ、トフィ、チョコレートとクローブでフィニッシュ。
12年間ex-bourbon hogsheadで熟成し、その後、チャーをしたセカンドフィルの赤ワイン・バリック樽へ移し替え。

Vibrant berry fruit burst from the glass amid a blanket of warm spices and treacle. Black cherries and dried fruits merged with cinnamon, allspice and nutmeg as malt loaf toasted under the grill. A prickly palate brought chilli and ginger marmalade with suggestions of strawberries and figs and wine notes reminiscent of a kir royal. Water released brambly hedgerows with plums and redcurrants but now with toasty cereals, nuts and porridge oats. Rhubarb crumble was joined by pineapple and lemon drizzle cake with toffee, chocolate and cloves on the finish . After spending 12 years in an ex-bourbon hogshead this was transferred to a charred red wine 2nd fill barrique for the remainder of its maturation.

【ソサエティ日本支部のコメント】

パートナーバー BAR MINMORE HOUSE 村上陽祐氏によるテイスティングコメント
[ノーズ]焚き火を連想させるような暖かい香りに洋梨やハチミツ、ドライアップルやアメリカンチェリー。加水すると爽やかな柑橘系が出てくる。
[パレット]シロップ漬けのオレンジ。熟れたイチゴとベリーのフルーツケーキ。ゆっくりと後からドライパイナップルとブラックチョコやヘーゼルナッツ。
[フィニッシュ]アーモンドのようなナッツの風味を心地よく感じる。14年というミドルエイジだがゆっくりと時間を、かけて楽しめるボトル。

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»