Jump to Content
ピート / PEATED NEW

93.177

価格
¥15,400
発売日 2023.1.13
熟成年数 8 Years
蒸留年 2013
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Campbeltown
ボトリング本数 211
アルコール度数 58.6%

タイトル: Crossing the event horizon / 事象の地平線を越えて

[香り] 今や有名なこのメーカーの期待通り、香りはスパイスの効いたポークスクラッチング、焦がしたベーコンの皮、ヨードドロップ、ヘシアン、鴨肉の生ハム、鹿肉のサラミといったものが支配的。さらに、床屋のグリース、屋根のピッチ、サイレージ、ガソリンと塩水に浸されたオリーブが加わる。そして、羊の毛、羊肉、食用油、チップの脂、アニスシード、ユーカリ、泥だらけの農園などが加わる。
[味わい] 口に含むと、最初は生の海水とオリーブオイルに漬け込んだイワシが広がる。その後、レモンジュース、機械油、スモークブラックオリーブ、ヘザーエール、サルサパリラ、さらにスモーキーベーコンのヴァイブスが感じられる。加水すると、BBQで焦がしたレモン、メンソールの効いたパイナップル、タールロープのような印象を受ける。岩塩に漬け込んだジンジャーにマーキュロクロームを加えたものもある。

As expected with this now notorious make, the nose was dominated by such things as spiced pork scratchings, frazzled bacon rind, iodine drops, hessian, cured duck meat and venison salami. Add to that Barbour grease, roof pitch, silage and olives doused in petrol and brine. Some water brought sheep wool and mutton stock, cooking oils, chip fat, aniseed, eucalyptus and muddy farmyards. The palate was initially full of raw seawater and sardines marinating in olive oil. Then lemon juice, mechanical oils, smoked black olives, heather ales, sarsaparilla and more smoky bacon vibes. Reduction gave the impression of lemons charring on a BBQ, mentholated pineapples and tarry rope. Some pickled ginger marinating in rock pools with added mercurochrome. The list went on...

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»