Jump to Content
芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

NEW 84.35

発売日 2020.12.11
熟成年数 12 Years
蒸留年 2008
カスク 1st Fill Hogshead / PX
地域 Speyside
ボトリング本数 270
アルコール度数 56.8%

タイトル: Orange-y-tang / オレンジ・イー・タン

[ノーズ]ブラックカラントの花、缶詰のライチ、たばこの箱のとらえどころのない香りが鼻に漂うが、主な香りはサルタナ、ナツメヤシ、イチジク、カスタードタルト、メープルシロップ、オレンジの箱。
[パレット]グランマルニエとクローブをさしたオレンジを入れたグリューワインとオレンジメインを主に、麦芽糖、シナモンボール、最後にトーストしたオーク、リコリス、タバコを感じる。いったん味わいが落ち着くと、続いてラムババ、ブラウンシュガー、メープルキャンディー、ダークチョコレートオレンジ、砂糖漬けのアンジェリカが出てくる。味わいはダークチョコレート、ピーカン、プラム、ジンジャー、ルートビアでほろ苦くなる。
10年間ex-bourbonで熟成した後、 first-fill PX hogsheadへ移し替え。

The nose wafted elusive scents of blackcurrant flowers, tinned lychees and fag packets – but mainly it offered sultanas, dates and figs, custard tarts, maple syrup and orange boxes. Orange notes dominated the palate – Grand Marnier and clove-studded orange in mulled wine – plus barley sugars and cinnamon balls, with toasted oak, liquorice and tobacco on the finish. On the reduced nose, we got Rum Baba, brown sugar, maple candies, dark chocolate orange and candied angelica. The palate became bitter-sweet with dark chocolate, pecans, plum stones, ginger and root beer. After 10 years in ex-bourbon wood, we moved this into a first-fill PX hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»