Jump to Content
ディープ、リッチ&ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

8.43

熟成年数 7 Years
蒸留年 2015
カスク 1st Fill Butt / PX
地域 Speyside
ボトリング本数 649
アルコール度数 61.4%

タイトル: Shaded by flowers / 花の陰に

[香り]もろみスパイス、温かいコーヒーかす、クルミケーキ、埃っぽい古いボデガのファンク、メース、オールスパイス、トーストしたアーモンドフレークを伴うカスタードの、しっかりとした壮大さを感じる香りで始まる。時間が経つにつれて、土壁のワインセラーの果汁やクルミ酒のような、少し甘く土っぽいエッジが現れる。加水すると、温室の花、タバコの葉、茹でたミントのお菓子、グレープフルーツの砂糖漬けなど、よりアロマティックな側面が引き出される。
[味わい] デメララシュガー、プラムワイン、フェンネルシード、トレジャルタルトにブラッドオレンジのニュアンス。加水すると、カシスのジャム、デーツ、コニャック漬けのプラム、レーズン、トーストしたオークのラクトンと、より濃厚で直接的な甘みと風味が特徴的に感じる。

This opened with a big, no-nonsense initial aroma of custard with mulling spices, warm coffee grounds, walnut cake, dusty old bodega funk, mace, allspice and toasted almond flakes. With time a slightly sweeter, earthier edge emerged, like earthen-floored wine cellar must and walnut wine. Water brought out more aromatic aspects such as hothouse flowers, tobacco leaf and boiled mint sweets, plus a touch of candied grapefruit. The neat palate was surprisingly rounded, featuring lots of demerara sugar, plum wine, fennel seeds and treacle tart with a hint of blood orange. With reduction we found a much more intense and direct sweetness, characterised by flavours of blackcurrant jam, dates, plums in cognac, raisins and toasted oak lactones.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»