Jump to Content
スパイシー&スイート / SPICY & SWEET

71.99

価格
¥22,000
熟成年数 15 Years
蒸留年 2007
カスク 1st Fill Barrel / Shave Toast Re-char PX
地域 Speyside
ボトリング本数 249
アルコール度数 60.4%

タイトル: G 35 – Japanese car or Norwegian cheese? / G 35 - 日本車かノルウェーチーズか?

We sat at the breakfast table with inviting aromas of toasted white bread, warm croissants, melting butter, blackberry jam and honey. To taste it was a lot heartier, as we enjoyed Black Forest kirsch and cracked black pepper salami on dark rye bread. Following reduction we found oat crackers with a slice of Norwegian brown cheese (named G 35 for the curious among you), as well as strawberry tarts with mascarpone chantilly cream. On the palate it was a lot more relaxed, with ripe strawberries and sweet green grapes balanced by a peppery spiciness. Following 11 years in an ex-bourbon hogshead, we transferred this whisky into a first fill shaved toasted and re-charred PX barrique.

トーストした白パン、温かいクロワッサン、とろけるバター、ブラックベリージャム、蜂蜜の香りが漂う朝食のテーブルについた時のような香り。 味わいは、ブラックフォレスト産のキルシュと黒胡椒の効いたサラミをダークライ麦パンに挟んだイメージ。 加水すると、香りは、G35と名づけられたノルウェー産ブラウンチーズのスライスが入ったオート麦のクラッカーと、マスカルポーネのシャンティクリームがのったイチゴのタルト。加水した味わいは、香りよりも落ち着いていて、熟したイチゴと甘い青ブドウがコショウのようなスパイシーさとバランスを保っている。
11年間 ex-bourbon hogsheadで熟成した後、first fill shaved toasted and re-charred PX barriqueに移し替え。

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»