Jump to Content
ジューシー、オーク&バニラ / JUICY, OAK & VANILLA NEW

71.89

価格
¥9,900
発売日 2023.1.27
熟成年数 8 Years
蒸留年 2013
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 219
アルコール度数 63.1%

タイトル: Curious but congenial / 興味津々で和気あいあい

[香り] 松の木のテーブルの上に置かれた革靴、ピリッと辛いシチリア産レモンとブラッドオレンジのボウルを連想させる。ジントニックにレモン、パッションフルーツ、マンゴー、ライムのソルベと草やタイムの香り、フィニッシュには鉛筆の芯、わさび、胡椒、柑橘類の皮が加わる。木机、筆箱、黒板、チョーク、ポスターの絵の具、ヒヤシンス、ゆでたお菓子など、1960年代の小学校の教室を思い起こさせるような香り。
[味わい] オレンジママレード、ブラックベリー、ピリッとしたイチゴとレモン、そして酸の雫、アニスボール、チリ、ジンジャー、クルミ、ダークチョコレートなど、魅力的で口当たりの良いフィニッシュが特徴的な「フルーティーウィズアキック」。

The nose conjured leather boots on a pine table and a bowl of zingy, tangy Sicilian lemons and blood oranges. The flavours were curious but congenial – gin and tonic with lemon, passion-fruit, mango and lime sorbet and hints of grass and thyme; finishing with pencil ends, wasabi, pepper and citric peel. The reduced nose recalled a 1960’s primary school-room – wooden desks, pencil cases, blackboard, chalk, poster paints, hyacinths and hard-boiled sweets. The palate, ‘fruity with a kick’ had orange marmalade, blackberries, tangy strawberries and lemon with an attractive, mouth-tweaking finish of acid drops, aniseed balls, chilli, ginger, walnuts and dark chocolate.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»