Jump to Content
スパイシー&スイート / SPICY & SWEET

68.70

熟成年数 12 Years
蒸留年 2008
カスク 1st fill barrique / Custom toasted American & European oak
地域 Highland
ボトリング本数 196
アルコール度数 59.5%

タイトル: Intriguing idiosyncratic / 興味をそそる特異な個性

[香り]太陽の下でアンティークの籐のテーブルの上に置いてある、杢目の入ったシカモア材のボウルに入っているかなり熟れたバナナの「奇抜な」香りが思い浮かぶ。
[味わい]味わいは香り以上に独特で、ヌテラフィユティーヌとカラメライズドバナナムースを添えたチョコレートヘーゼルナッツケーキ?興味をそそられる。加水すると、ヘザーを使ってモップバーベキューソースを塗ったベーコンで包んだスパイスの効いたモロッコ風ミートボール。
9年間an ex-bourbon hogsheadで熟成した後、1st fill custom toasted American and European oak barriqueへ移し替え。

A ‘whacky’ aroma of over-ripe bananas lying in an eye-catching spalted sycamore bowl on an antique rattan table in the sun came to mind. It did not stop there as the palate seamlessly carried on with that more idiosyncratic theme, how about a spoonful of chocolate hazelnut marquise with Nutella feuilletine and caramelised banana mouse? Intrigued? You should be as after dilution we used a handful of heather to mop barbeque sauce on to bacon wrapped barbequed spiced Moroccan meatballs. Following nine years in an ex-bourbon hogshead, we transferred this whisky into a 1st fill custom toasted American and European oak barrique.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»