Jump to Content
ディープ、リッチ&ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

44.165

価格
¥25,080
熟成年数 16 Years
蒸留年 2006
カスク 1st Fill Hogshead / American Oak PX
地域 Speyside
ボトリング本数 239
アルコール度数 61.8%

タイトル: PX, I love you / PX, 大好き

[香り]エマルジョンペイント、カシスジャム、トリークルを塗ったブラウンブレッド、そしてミントソース、ダークチョコレート、クルミワインを思わせる端正な香り。 クラシカルなシェリーだが、クセがなく、土っぽくて香ばしい。加水すると、温かく湿ったペトリコール、プラムワイン、バルサミコ・グレーズ、ダンソン・プリザーヴの素敵な雰囲気をもたらした。全体的に、加水により遊び心とフルーティーさが増す。
[味わい]ピーナッツの脆さ、さらりとした蜂蜜、PXシェリーの甘さがはっきりと感じられる。その先にはクリーミーな木のラクトン、黒鉛オイル、コーラシロップ、ピーカンパイがあり、塩辛いリコリスの酸味とバランスが取れている。加水すると、クリーンなウッドスパイス、シナモンシュガー、焼いたバナナ、塩漬けのトフィーソース、ダークでアーシーな紅茶の香りがさらに広がり、後味にはハーブのビター感が感じられる。
12年間bourbon hogsheadで熟成した後、first fill American oak PX sherry hogsheadに移し替え。

The neat nose suggested emulsion paints, blackcurrant jam, brown bread spread with treacle and curious notes of mint sauce, dark chocolate and walnut wine. Classically sherried but also unctuous, this was earthy and rather savoury. Reduction brought a lovely vibe of warm, damp petrichor, plum wine, balsamic glaze and damson preserve. Overall, it was much more playful and fruity once diluted. The palate opened with peanut brittle, runny honey and a more clearly defined PX sherry sweetness. Beyond that there were creamy wood lactones, graphite oil, cola syrup and pecan pie balanced with a tang of salty liquorice. Water brought further notes of clean wood spices, cinnamon sugar, baked banana, salted toffee sauce and dark, earthy teas, with a sense of herbal bitters in the aftertaste. Matured for 12 years in a bourbon hogshead, this was then transferred to a first fill American oak PX sherry hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»