Jump to Content
ディープ、リッチ&ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS NEW

44.149

価格
¥18,150
発売日 2022.12.16
熟成年数 14 Years
蒸留年 2006
カスク 2nd fill hogshead / Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 224
アルコール度数 62.1%

タイトル: The early bird gets the worm / 早起きは三文の徳

[香り]最初の香りは、ココナッツマカロン、ミルクチョコレート、ジビエパイを連想させる。ヌテラで焼いたバナナ、リコリスのチューハイ、トーストしたフェンネルシードとフルーツスコーンに濃厚なクリームがトッピング。蒸溜酒とシェリー樽の素晴らしいバランス。加水すると、ブラウンブレッドと泡立ったシリングエール、肉汁、ドライサルタナ、バナナチップ、トリークルプディングの豊かな香りをもたらす。
[味わい]この偉大なスペイサイドの典型的な味わい、オイリーで脂肪分が多く、力強い。ハーブエキス、スパイスの効いたフルーツチャツネ、オレンジワイン、チョコレートジンジャー、そして天然タールのヒントが多く感じられる。ウォームタブで蒸溜した自然な重量感。加水すると、豊かな香ばしさとドライフルーツ、狩猟肉、ユーカリ、エスプレッソ、バルサミコ還元などの美しい香りに包まれることが分かる。
Bourbon Hogsheadで12年間熟成後、 2nd Fill Oloroso Hogsheadに移し替え。

The initial aroma suggested coconut macaroon, milk chocolate and game pie. A banana baked with Nutella, liquorice chews, toasted fennel seed and fruit scones topped with thick cream. A wonderful balance of distillate and sherry cask. Reduction brought brown breads and rich notes of foamy shilling ales, meat gravy, dried sultanas, banana chips and treacle pudding. The mouth was typical of this great Speyside make; oily, fatty and robust. Many notes of herbal extracts, spiced fruit chutneys, orange wine, chocolate gingers and hints of natural tar. The natural weight of a worm tub distillate shines. With water we found it became richly bready and full of lovely notes of dried exotic fruits, game meats, eucalyptus, espresso and balsamic reduction. Previously matured in a bourbon hogshead for 12 years before transfer to a 2nd fill oloroso hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»