Jump to Content
ディープ、リッチ&ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

39.275

価格
¥23,650
熟成年数 16 Years
蒸留年 2006
カスク 1st Fill Hogshead / Spanish Oak Oloroso
地域 Speyside
ボトリング本数 255
アルコール度数 56.7%

タイトル: Full frontal dichotomy / 正面からの二分法

香ばしいアロマがトフィーアップル、デザートワイン、カルヴァドスと混ざり合い、トーストした松の実と砕いた油っぽいブラジルナッツがマーマレードで焼いた豚バラ肉に振りかけられている。味わいはリッチで濃く、焦がしたトフィー、糖蜜、松脂がメープルシロップ、リコリス、クリスマスケーキに溶け込んでいる。加水した香りは、キャラメル、モヒートカクテル、グリルしたパイナップルにミントチョコレートアイスクリームとメンソールを添えたもの。 加水した味わいは、美味しいスパイスがラム酒とジンジャーエール、コーヒー、ビターマーマレードと交わる。焦がしたフルーツケーキが重厚な木の香りとしっかりとしたタンニンを伴い、ドライで甘いフィニッシュ。
13年間bourbon hogsheadで熟成した後、Spanish oak oloroso hogsheadに移し替え。

Perfumed aromas mixed with toffee apples, dessert wine and calvados while toasted pine nut and crushed oily brazil nuts were sprinkled on to marmalade-glazed pork belly. The palate, however, was rich and dark with burnt toffee, molasses and pine tar blending into maple syrup, liquorice and Christmas cake. Water released lighter aromas of caramel, mojito cocktails and grilled pineapple served with mint chocolate ice cream and menthol rub. Back to the palate and delicious spices now combined with rum with ginger ale, coffee and bitter marmalade. Burnt fruitcake joined heavy wood with firm tannins on a finish that was both dry and sweet. After 13 years in a bourbon hogshead, this was transferred to a Spanish oak oloroso hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»