Jump to Content
ディープ、リッチ&ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

35.297

熟成年数 14 Years
蒸留年 2007
カスク 1st Fill Barrique / Shave, Toast, Re-char, PX
地域 Speyside
ボトリング本数 297
アルコール度数 53.8%

タイトル: Blackberrying in the wood / 森の中のブラックベリー

[ノーズ]トーストしたライ麦パン、マリネしたイチジク、ポートワインのメロンボールの横にあるセラーノハムの香り。
[パレット]一握りの天日干しレーズン、スパイスの効いた赤ワインで煮込んだ洋ナシ、しっとりとした生姜のスポンジケーキのように、甘くて絹のような味わい。加水すると、チェリーリキュールダークチョコレート、ローストピスタチオとチョコレートでコーティングしたターキッシュデライト。
ベリーのフレーバー、スパイスの効いたクリーム・ド・ミュール、微妙な柑橘系のひねりを加えた、クラシックなブランブルカクテルにして飲むのもおすすめ。
12年間ex-bourbon hogsheadで熟成した後、first fill shaved, toasted and re-charred seasoned PX sherry barriqueへ移し替え。

The scent of toasted rye bread, marinated figs and serrano ham next to melon balls in Port wine greeted the Panel. Sweet and silky on the palate neat, like a handful of sun-dried raisins, poached pears in spiced red wine and a moist ginger sponge cake. Water added cherry liqueur dark chocolates and roasted pistachio and chocolate covered Turkish delight. To drink we had a classic bramble cocktail, bursting with berry flavours, a dash of spiced crème de mure and a subtle citrus twist. After 12 years in an ex-bourbon hogshead, we transferred this whisky into a first fill shaved, toasted and re-charred seasoned PX sherry barrique.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»