Jump to Content
芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

NEW 35.254

発売日 2020.9.4
熟成年数 11 Years
蒸留年 2008
カスク New Oak Puncheon / Heavy Char #4+
地域 Speyside
ボトリング本数 594
アルコール度数 63.9%

タイトル: Pure decadence / 真の耽美主義

[ノーズ]真の耽美主義的のような香りで、糖蜜をたらしたスコーン、ブランデーバターとねっとりしたダークチョコレートブラウニーと蜂蜜。アルマニャックにつけたプラム。
[パレット]スパイシーさで始まるが、すぐにガーリックと手長エビ、トリュフ、マッシュルームのリングイネのリラックスした味わいに。加水すると革とトフィ、熟れたチェリー、ブラッドオレンジシャーベット。その後甘くナッツ感のある味わい、シナモンホイップクリームを入れたホットチョコレート、マッシュルームとブランデー・デ・へレス・ソレラ・グラン・レゼルバ。
9年間 ex-oloroso buttで熟成した後、new oak, heavily charred puncheonへ移し替え。

The undiluted aromas felt like pure decadence, with black treacle dripping off a scone, brandy butter and gooey dark chocolate brownies, and lashings of honey. One panellist honed in on memories of plums soaked in Armagnac. The taste started off with a blast of spicy heat but soon relaxed into linguine with a garlic langoustine sauce served with a drizzle of truffle oil and chestnut mushrooms. Water added leather & toffee notes, ripe cherries and slices of blood orange sorbet while on the palate now a sweet nuttiness, hot chocolate with cinnamon whipped cream and plenty of marshmallows and a solera gran reserva Spanish brandy de Jerez. After nine years in an ex-oloroso butt we transferred this whisky into a new oak, heavily charred puncheon.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»