Jump to Content
スパイシー & 甘い / SPICY & SWEET

35.143

発売日 1999.8.27
熟成年数 29 Years
蒸留年 06 / 1986
カスク Refill Hogshead / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 264
アルコール度数 47.7%

タイトル: Pinocchio dram / ピノキオのウイスキー

[ノーズ]ウーム – 最初の香りには美味しいトフィー、メープルシロップ、マジパン、そしてデメララ糖の甘さ。それからピーナッツブリトル、オレンジ油、アプリコット・デニッシュ、デザートワイン、そしてオイル仕上げオークもあった – 確かに複雑。
[パレット]味は深い甘さ(色の濃い古い蜂蜜、モルトエキス、ラムレーズン・アイスクリーム)と陽気なスパイス類(チリ、シナモン)、メンソール、白檀、タンニン性のオークがバランスを取った。加水した香りにはキャンディコーン、ストロープワッフル、クレームブリュレ、ユーカリ、葉巻の箱があった。
その味にはケロッグのクランチーナッツ・コーンフレークとシロップのようなネバネバ感があり、はっきりしたウッディな重み(シナモン、ナツメグ、クローブ)も見つけたが、圧倒的な感じとはかけ離れて、むしろキュート − 陽気なピノキオ人形のようなウイスキー。

Mmm – delicious toffee, maple syrup, marzipan and Demerara sweetness on the initial nose; we also got peanut brittle, orange oil, apricot Danish, dessert wine and oiled oak – certainly complex. The palate balanced deep sweetness (old dark honey, malt extract, rum and raisin ice-cream) with playful spices (chilli, cinnamon) menthol, sandalwood and tannic oak. The reduced nose had candy corns, stroop waffles, crème brûlée, eucalyptus and cigar boxes.
The palate had crunchy nut cornflakes and syrupy viscosity; we also found definite woody weight (cinnamon, nutmeg, clove) but in a rather cute, far from overpowering way – something of a playful Pinocchio puppet dram.


Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»