Jump to Content
ピート / PEATED

33.140

熟成年数 16 Years
蒸留年 2007
カスク 2nd Fill Butt / Spanish Oak Oloroso
地域 Islay
ボトリング本数 615
アルコール度数 60.7%

タイトル: The Spaniard, the American and the Ileach / スペイン人、アメリカ人、アイリーチ人

[香り]奥行のあるはっきりとしたピート香は予想通りだったが、このカルト的なアイラ島南部のウイスキーは、ピートの燠火、燃えるゴースウッド、コールタール、燻製パプリカ、スパイスの効いたビーフストロガノフで満たされている。底知れぬ重厚感。加水すると、醤油、焦がした肉、黒豆ソース、海苔の甘いトーンに加え、ダンネージ倉庫のニュアンス、岩溜りやクレオソートが現れる。
[味わい]口当たりは見事な炭酸とピート香で、樽貯蔵のピートウォッシュを樽の部屋から直接飲んでいるよう。 熱い石炭や燠火、ビルトンや炭化したロブスター。加水すると厚みが増し、焙煎コーヒー豆、PXシェリー酒、糖蜜漬けの燻製魚、イーストの効いたダークチョコレートが現れる。
13年間 American oak ex-oloroso sherry buttで熟成した後、CODE:149.1を熟成したSpanish oak ex-oloroso sherry butt樽に移し替え。


A deep and distinctly peaty nose – as expected, we agreed – but this example of the cult southern Islay make really did brim with peat embers, burning gorse wood, coal tar, smoked paprika and spiced beef stroganoff. Fathomless and massive. With water we got sweeter tones of soy sauce, charred meats, black bean sauce and nori, plus touches of dunnage funk, along with rock pools and creosote. The palate was superbly carbolic and peaty, like sipping cask-strength peated wash direct from the tun room. Hot coal and embers were also noted, along with biltong and charred lobster. With water it gathered depth and showed notes of roast coffee beans, PX sherry glaze, smoked fish in molasses glaze and blowtorched dark chocolate with a yeasty tang. This was matured in an American oak ex-oloroso sherry butt for 13 years before being transferred to a Spanish oak ex-oloroso sherry butt that had previously been used to mature SMWS bottling 149.1.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»