Jump to Content
熟成感 & 濃厚 / OLD & DIGNIFIED

NEW 29.268

発売日 2020.5.22
熟成年数 22 Years
蒸留年 1996
カスク 2nd Fill Hogshead / PX
地域 Islay
ボトリング本数 243
アルコール度数 50.0%

タイトル: Essence of Gelfling / ゲルフリング族の存在

[ノーズ]古いベルギー農場のエールの香りをまず感じる。アプリコットの入ったウエンズリーデールチーズ、エンジンオイル、道具箱、湿布と海の傍のハリエニシダの豊かな香り。木の樹液、樟脳、塩漬けの獣肉、最終的にはパッションフルーツ、ライムゼスト、ワイルドフラワーとシトラス香る家具用ワックスの熱帯地域の香り。異国情緒感じる香りがすごく、グリーンバナナ、パパイヤ、スターフルーツ、グアバ、メロン、そして野菜スープ、味噌、サワードウとアールグレイティーのもろいスモークさ。塩気のある熟成されたオロロソ、白檀と赤いフルーツののど飴。
[パレット]液体の咳止めシロップ、古代の薬と熟成したハーブリキュール。チャーした木材、ドライマンゴーとオレンジカクテルビター、これらすべてがソルトキャラメルとピスタチオと混ざり合っている。加水するとスモークしたシリアル、タイガーバーム、ヨウ素タブレット、パスティスと乾燥海藻のクラッカー。
20年間 bourbon hogsheadで熟成した後、 second-fill PX hogsheadに移し替え。

An old Belgian farmhouse ale at first nosing. Plentiful notes of hot ceramics, Wensleydale with apricot chunks, engine oil, toolboxes, medical embrocations and gorse flowers by the sea. Things like wood sap, camphor, salted game meats and (eventually) emerging tropical aspects such as passion fruit, lime zest, wildflowers and citrus infused furniture waxes. With reduction there's an explosion of exoticism. Green banana, papaya, star fruit, guava, melon and then vegetable broth, miso, sourdough and the fragile smokiness of Earl Grey tea. Some saline aged oloroso, sandalwoods and red fruit throat sweets. The mouth is liquified cough sweets, ancient medicines and aged herbal liqueurs. Wood char, dried mango chunks and orange cocktail bitters all mixed up with salted caramel and pistachio nuts. Water lifts out smoked cereals, tiger balm, iodine tablets, pastis and dried seaweed crackers. Matured for 20 years in a bourbon hogshead before being transferred to a second-fill PX hogshead.

*こちらの購入本数は3本までとなりますので、ご了承ください。

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»