Jump to Content
ジューシー、オーク & ヴァニラ / JUICY, OAK & VANILLA

NEW 24.145

発売日 2020.12.11
熟成年数 18 Years
蒸留年 2002
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 207
アルコール度数 57.8%

タイトル: Seductive sweetness – teasing spice / 魅惑的な甘さ–悩ましいスパイス

[ノーズ]煮込んだリンゴ、サルタナ、マスクメロン、オレンジと果物たっぷりの香り。ハチミツ、マジパン、トリークルタルト、シナモン、スターアニス、バニラの心地よく奥深い香り。
[パレット]味わいは、完全に魅惑的な甘さのバランスの取れた二重性がある。スパンシュガー、バタースコッチ、マロングラッセ、ヌテッラ、焼きバナナ、ウッドスパイス、マホガニー、アフターシェーブローション、タバコと間違いなく複雑な味わい。蜜蝋の家具のつや出し剤、プラリネ、フォーミーシュリンプ、ラズベリーソースをかけたアイスクリーム。味わいは更に複雑で興味深いブラウンシュガー、バクラヴァ、フルーツシロップ、スイートオーク、古い革、温かいスパイスを感じる。

The nose gave us a cornucopia of fruits – stewed apples, sultanas, cantaloupe and orange. Mellifluous sweetness – honey, marzipan, treacle tart and deeper aromas of cinnamon, star anise and vanilla. The palate offered a balanced duality of full-on seductive sweetness; spun sugar, butterscotch, marrons glacés, Nutella, baked bananas and more platonic teasing hints of wood spice, mahogany, aftershave and tobacco – definitely complex. The reduced nose discovered beeswax furniture polish, pralines, foamy shrimps and raspberry sauce on ice-cream. The palate became somehow even more complex and more interesting – brown sugar, baklava and fruit syrup; then sweet oak, old leather and warming spices.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»