Jump to Content
DEEP, RICH & DRIED FRUITS

18.49

Price
¥21,450
Age 15 Years
Dist 2007
Cask 1st Fill Hogshead / Spanish Oak Oloroso
Region Speyside
Out-turn 276
Alc 60.3%

TITLE: Oiling the cogs of the orange crusher / オレンジ・クラッシャーの歯車に油をさす

[香り]エマルジョンペイント、カシスジャム、トリークルを塗ったブラウンブレッド、そしてミントソース、ダークチョコレート、クルミワインを思わせる端正な香り。 クラシカルなシェリーだが、クセがなく、土っぽくて香ばしい。加水すると、温かく湿ったペトリコール、プラムワイン、バルサミコ・グレーズ、ダンソン・プリザーヴの素敵な雰囲気をもたらした。全体的に、加水により遊び心とフルーティーさが増す。
[味わい]ピーナッツの脆さ、さらりとした蜂蜜、PXシェリーの甘さがはっきりと感じられる。その先にはクリーミーな木のラクトン、黒鉛オイル、コーラシロップ、ピーカンパイがあり、塩辛いリコリスの酸味とバランスが取れている。加水すると、クリーンなウッドスパイス、シナモンシュガー、焼いたバナナ、塩漬けのトフィーソース、ダークでアーシーな紅茶の香りがさらに広がり、後味にはハーブのビター感が感じられる。
12年間bourbon hogsheadで熟成した後、first fill American oak PX sherry hogsheadに移し替え。

Orange oil, brazil nuts and apricots mixed with light machine oil and old fashioned cocktails while nougat, toasted pine nuts and walnut oil merged with quince jelly. The palate was juicy and sweet, with clementines, marmalade and citrus oils combining with baklava, caramel wafers and red liquorice. Water unveiled cereal notes, roasted chestnuts and marshmallows before deeper flavours of burnt blackberry crumble, star anise and tobacco complemented linseed and menthol. Now, porridge was served with honey and orange liqueur before herbal flavours of tarragon, mint and fennel blended into earl grey tea and orange bitters on the finish. After 12 years in a bourbon hogshead, this was transferred to a Spanish oak oloroso hogshead.

Join the SMWS Single
Cask Circle
placeholder Discover More »
Member Reviews
REVIEWS
Add Your Review»