Jump to Content
スパイシー & ドライ / SPICY & DRY

18.38

熟成年数 13 Years
蒸留年 2007
カスク 2nd Fill Hogshead / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 236
アルコール度数 61.3%

タイトル: The happy ponderer / 幸せな思想家

純粋でパンチが効いており飾り気のない、素晴らしくカリスマ的な一杯。
[ノーズ]フレッシュペイント、メタルポリッシュ、煤炭の石炭入れ、ソフトワックス、ハリエニシダの茂み、バルサ材、油性のキャンバスの素晴らしい香り。加水すると、ミネラル感、ピティライムの皮、ハーブの薬、乾燥したミント、樟脳とペトリコールの土っぽさのある白いキノコ。
[パレット]味わいも素晴らしく、全く純粋にリッチで厚みがあり、オイリーさを感じるウイスキー。バターシリアル、スイートグレイン、カラメルオートミール、樟脳、ランプオイル、ラノリン、ヴィックスヴェポラップ、レモン咳止めドロップ。加水すると、より甘い医薬品の味わい、ベーコン味のポテトチップス、ヘシアン、パンプキンシードオイル、白トリュフ、うま味ペースト。見事!

A pure, punchy and wonderfully naked example of this underrated and charismatic distillate. The nose showed initial notes of fresh paint, metal polish, soot coal scuttles and more fragrant notes of soft waxes, gorse bushes, balsa wood and oily canvass. Water brought out chalky notes, pithy lime zest, herbal medicines, dried mint, camphor and white mushrooms with a petrichor earthiness. The neat palate was superb upon arrival. Full-on rich, fatty, oily textural distillate driven whisky. Buttery cereals, sweet grains, caramelised oatmeal, camphor, lamp oil, lanolin, medical vapour rubs and lemon cough drops. With reduction, we got sweeter medical notes, bacon frazzle crisps, hessian, pumpkin seed oil, white truffle and umami paste. Superb!

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»