Jump to Content
スパイシー & 甘い / SPICY & SWEET

NEW 139.1

発売日 2019.7.5
熟成年数 Years
蒸留年
カスク 1st Fill Barrique
地域 Taiwan
ボトリング本数 171
アルコール度数 58.6%

タイトル: Chomping a herbal cigar / ハーバルなシガーを齧る

[ノーズ]ジャマイカが呼んでいる・・・ファンキーラム、ジンジャーケーキ、ザクロの糖蜜、紅茶、チェリーエイド、フライパンで固まっている神秘的なダークシュガー、コーラフロートとポケットで温まったアイアンブリュー・バー。背後には木の香りが強く感じる。いったん鼻から抜けるとクリームキャラメル、バニラ、木材、アニス、黒胡椒、メンソール咳止飴。
[パレット]生き生きとした赤いフルーツ、ミンスミート、砂糖がけペストリー、ラズベリージャム、麻袋、熟成したミード、スパイシーなプラムプディング、マデイラケーキと土っぽさを感じる。踏みつけられた草、マッシュルームパウダー、ヘザーエール。加水するとバクラバ、プルーンジュース、エキゾチックフラワー、年季の入ったブランデーとドライミント、ティーツリーオイルとユーカリオードヴィー。フェルネットブランカのオールドボトル、ハーブ根と樹脂等。崇高な複雑さだ。

Jamaica is calling... funky rum, ginger cake, thick pomegranate molasses, black teas, cheerryade, mysterious dark sugars coagulating in a hot pan, coke floats and pocket-warmed Irn Bru bars. A deft thrust of wood spice at the back. Reduction brings out crème caramel, sappy vanilla notes, tingling wood spices, aniseed balls, black pepper and menthol cough mixtures. The palate is alive with sharp red fruits, mincemeat, glazed pastries, raspberry jam, pure hessian sack cloth, aged mead, spiced plum pudding, madeira cake and big, earthy, undergrowth notes. Notes of trampled greenery, mushroom powder and heather ales. With water there’s baklava, prune juice, exotic flowers, very old brandies, dried mint, tea tree oil and eucalyptus eau de vie. An ancient bottle of Fernet Branca and myriad herbal roots, resins and extracts. Sublime complexity.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»