Jump to Content
ピート / PEATED

137.3

価格
¥15,000(税別)
熟成年数 9 Years
蒸留年 2010
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 England
ボトリング本数 217
アルコール度数 62.5%

タイトル: Smouldering Englishness / 薫る英国らしさ

[ノーズ]熟れたマンゴー、パイナップル、バナナと予想外のトロピカルフルーツシロップ満載な魅惑の香り。フィニッシュにゆっくりと薬品香、ハーブシロップとオイリーなピートが香る。かなりスリリングで、ある種古いアイラモルトのスタイルに似ている。やがて素晴らしい海風の香り、ビーチの小石とミネラルソルトが香る。加水するとグラッシーなオリーブオイル、刻んだチャイブ、マスタード粉、軟膏とヘシアンクロス。砂利、土の小片のミネラル感、パラフィン、ワックス、すすのような側面も感じる。
[パレット]最初はとげがあり強い感じがあるがすぐに脂ののったスモークフィッシュ、塩水、防腐剤、ヨウ素、プール、絆創膏、ボブリル牛肉エキスの味が広がる。無駄がなくしなやかで力強い!加水すると全てが良い感じに、オイリー感や厚み、深みが増し、ピート、塩感が直接感じられる。

A bewildering nose full of unexpected tropical fruit syrups, ripe mango, pineapple cubes and banana. Finally a slow incoming tide of medicines, herbal syrups and oily peat. Quite thrilling and almost akin to some kind of old style Islay malt. In time it opens up into a wonderfully fresh bluster of sea air, beach pebbles and mineral salts. With water it's all grassy olive oil, chopped chives, mustard powder, ointments and hessian. A gravelly, earth-flecked mineral side with paraffin, waxes and soot. The palate is prickly and hot at first but eases open with oily smoked fish, brine, antiseptic, iodine, swimming pools, plasters and hints of very salty bovril. Lean, sinewy and powerful stuff! Dilution breaks things up nicely and makes everything oilier, fatter, gloopier and more straightforwardly peaty and saline.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»