Jump to Content
スパイシー&スイート / SPICY & SWEET

122.55

価格
¥17,600
熟成年数 8 Years
蒸留年 2014
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Highland
ボトリング本数 215
アルコール度数 61.1%

タイトル: Tiptoe to the tropics / 熱帯へのつま先立ち

[香り]精密でとても個性的な香り。長期熟成のグラッパ、磨かれた革、ドライフラワー、新鮮な庭のハーブ、ウィンターグリーンの香りが広がる。粘土、スペアミント、ヘザーの花、熟成したドライ・リースリング、背景には調理用オイルの微かなニュアンスも感じる。加水すると、バニラアイスクリーム、ステムジンジャー、遊び心のあるワックス感、樟脳、巻きたばこの紙の印象が広がる。
[味わい]すっきりとした味わいは、まずとても強いメントール、ミントのニュアンス、シャープなグリーンフルーツの酸味、グースベリー、キウイ、ライム、白い花がたくさん感じられる。古典的なアイリッシュウイスキーの一部を思わせ、どんどんエキゾチックな果物の香りが広がる。加水すると、テクスチャーがより豊かでオイリーになり、より鮮明にトロピカルな香りへと変化する。マンゴー、グアバ、パッションフルーツ、その後、流れるような蜂蜜と果物サラダのジュースが感じられ、官能的!

A precise and delightfully idiosyncratic nose, full of long-aged grappa, buffed leather, dried flowers, freshly cut garden herbs and wintergreen. We also found impressions of clay, spearmint, heather flowers and aged dry riesling with a wee hint of cooking oils in the background. Water brought vanilla ice cream, stem ginger, playful waxiness, camphor and cigarette rolling papers. The neat palate was highly mentholated at first, with lots of minty notes, sharp green fruit acidity, gooseberry, kiwi, lime and white flowers; reminiscent of some older-school Irish whiskeys, and increasingly exotically fruited. With water we found it became fatter and oilier in texture, and more overtly tropical – with mango, guava and passion fruit, then runny honey and gloopy fruit salad juices. Luscious!

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»