Jump to Content
芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS

12.62

熟成年数 31 Years
蒸留年 1989
カスク 1st Fill Butt / PX
地域 Speyside
ボトリング本数 514
アルコール度数 57.9%

タイトル: Heaven-sent / 神の恵み

[ノーズ]日本で古来より宮廷の貴族に愛された沈香と伽羅を豊富に使用した最も貴ばれるお香の「伽羅金剛」、「ダイヤモンドキャラ」と訳されるこの甘美な香りが部屋を満たしている。
[パレット]味わいは奥深く重厚感を感じると同時にフルーティーさと軽さも感じ、それはまるで、ヘレスのロイヤルアンダルシア学校でスペイン音楽を伴う乗馬バレエ「アンダルシア馬の踊り方」のショーを見ているかのようなイメージ。ほんの一滴加水すると、ハチドリの鼓動する翼、繊細で細線細工、遊び心のある優雅さの一挙手一投足を見ているかのよう。忘れられない神の恵み。
29年間 ex-oloroso butで熟成した後、 first fill PX buttに移し替え。

An aroma of incense of the most valued scented aloeswood which noblemen of the ancient Japanese imperial court called ‘Kyara Kongo’ and translates into ‘Diamond Kyara’ filled the room. On the palate somewhat heavy and dark but at the same time fruity and light as we envisaged watching the show ‘How the Andalusian Horses Dance’, an equestrian ballet accompanied by Spanish music in the Royal Andalusian School in Jerez. With a drop of water, we imagined the beating wings of a hummingbird, gracile, filigree, a playful elegance and seemingly without the slightest effort. A heaven-sent enjoyment you will not easily forget. After twenty-nine years in an ex-oloroso butt, we transferred this whisky into a first fill PX butt.

【ソサエティ日本支部のコメント】

発売時間は当日のイベント内にてご案内

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»