Jump to Content
スパイシー & 甘い / SPICY & SWEET

NEW 12.28

価格
¥10,000(税別)
発売日 2019.9.6
熟成年数 9 Years
蒸留年 2009
カスク 1st Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 208
アルコール度数 59.5%

タイトル: Ultimate cream tea / 究極のクリームティー

[ノーズ]クリームティーの主成分はすべて存在しており、クロテッドクリームに添えられた温かいスコーン、ピーチジャムと甘い紅茶が共に提供されているよう。カスタードスライスと柔らかいレモンスポンジケーキが出会う一方で、トフィーワッフルとバノフィーパイも感じさせる。砕いたダイジェスティブビスケットの香りがクリームキャラメルとライムシャーベット由来の爽快感という素晴らしいテクスチャーを生成している。
[パレット]口当たりは熟したマンゴー、新鮮なイチジクのフローラルな味わい、そしてバナナの皮の乾燥感。少し加水すると蜂蜜をぬったトーストとジンジャーティーを感じる。フィニッシュにはメープルシロップ、白コショウ、およびショートブレッドのクローブとベイクド・アラスカ(菓子名)を感じる。

The standard components for cream tea were all present and correct as warm scones were served with clotted cream, peach jam and sweet tea. However it was a tantalising treat to also be offered toffee waffles and banofee pie whilst soft lemon sponge cake arrived on a trolley with custard slices. Crumbly digestive biscuits created a lovely texture that complimented creme caramels and a refreshing zing from lime sorbet. Floral notes from fresh figs then joined under ripe mango with the mouth coating dryness of banana skin. With a little water honey arrived on burnt toast with ginger tea. However to finish we discovered baked Alaska with maple syrup and a touch of white pepper and cloves on shortbread.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»