Jump to Content
熟成感 & 濃厚 / OLD & DIGNIFIED

NEW 12.22

発売日 2019.10.4
熟成年数 35 Years
蒸留年 1983
カスク 2nd Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 204
アルコール度数 43.9%

タイトル: 35 and still alive! / 35年でも生き生きしている!

[ノーズ] 生い茂った草をシュっと通り抜ける刃物!豊富なシリアル、バターっぽく、クリスピーでピリッとするパイプ煙草と土香の葉の敷き藁。レモンの皮、グリーンアップル、アプリコット、メロンとパイナップルシロップのフルーツ香も感じる。オートミール、インクの染みた古い机、アマニ油とミネラルオイル。加水するとゼラニウム、湿った土、トマトの枝とハイビスカス。
[パレット]味わいはグリストの香りがするシルクのベールのよう。オート麦のパンケーキ、アプリコットママレード、蜂蜜入りのお粥。崇高な柔らかさが包み込む。続いてラノリン、広葉樹のスパイス、重厚なミネラル感、ワックスや靴磨きのような質感。フィニッシュは長く続き爽やかでドライな素晴らしく繊細なシリアルとまるでフルーツが踊っているかのようだ。

A swooshed blade through tall grass! Then cereals galore: buttery; crispy; zingy; some leafy dampness underneath that suggests pipe tobacco and earthy leaf mulch. There’s fruit as well with lemon rinds, green apple, apricot, melon and pineapple syrups. Many tertiary complexities such as sooty oatmeal, an inky old writing desk, linseed and mineral oils. Water brings out geranium perfume, damp soil, a tomato vine and hibiscus. The palate arrives like a veil of grist scented silk. All flapjack, apricot marmalade, honey infused porridge, malt loaf, toasted seeds and milk bottle sweeties. A sublime softness envelops you. Reduction brings a lick of lanolin, some hardwood spices, a more robust, gravely minerality and a textual quality akin to waxes and shoe polish. A the finish is long, crisp and drying with wonderfully nervous cereal and fruit ballet.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»