Jump to Content
スパイシー & 甘い / SPICY & SWEET

112.74

熟成年数 12 Years
蒸留年 2007
カスク 1st fill hogshead / Moselle oak
地域 Highland
ボトリング本数 361
アルコール度数 56.8%

タイトル: A preternatural good-striker / 不可思議なグッドストライカー

[ノーズ]別世界の様な香り。焦がしたオレンジピール、ココナッツと蜂蜜、焦げたレーズンモルトローフ。
[パレット]ダークチェリーの甘さとオイリーさ、胡椒等のスパイスにあふれた味わいで、農業、森林、ワインの強力な神であるケルト神の1人であるスケルス(「the good striker」)を思い起こさせる。慎重に水を加えると、エキゾチックで不可思議なトンカ豆とヘーゼルナッツのクレームブリュレ、プリジャガンナート寺院で提供される魔法のインドのデザート、ラスグッラの味。
9年間ex-bourbon hogsheadで熟成した後、1st fill Moselle oak hogsheadへ移し替え。

The nose neat was other-worldly - heavily toasted orange peel and coconut with a little honey, burnt malt loaf with raisins. On the palate brimming with dark cherry sweetness and an oily peppery spiciness that brought to mind a member of the Celtic deity, Sucellus (‘the good striker’), that powerful god of agriculture, forests and wine. Careful when adding water, the aroma was now like an exotic/preternatural Tonka bean and hazelnut crème brûlée, while the taste maintained the theme with that magical Indian dessert Rasgulla which is offered at the Puri Jagannath temple. After nine years in an ex-bourbon hogshead, we transferred this whisky into a 1st fill Moselle oak hogshead.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»