Jump to Content
軽いピート / LIGHTLY PEATED

NEW 108.14

価格
¥9,000(税別)
発売日 2020.4.3
熟成年数 7 Years
蒸留年 2011
カスク 2nd Fill Barrel / Bourbon
地域 Speyside
ボトリング本数 217
アルコール度数 66.2%

タイトル: An enjoyable curiosity / 愉快な好奇心

[ノーズ]これは珍しい-微かなスモーク、バニラ香のキャンドルとパチョリのお香、ラムネ、化粧用パフ、ココア、ホワイトペッパーとリコリス味のお菓子。優しいスモーク、残り火、灰。またグミ、ポプリ、チョコレート、リコリスとミントタブレットとかなり謎めいた香り。いったん香りが抜けると、ライムママレード、ルートビア、軟膏、トーストしたマシュマロ、キルン用の木材とコールマンのレザーエプロン。
[パレット]ナッティー、シリアルと蜂蜜の甘味、スモーク、燃やした木材、クリンカアッシュのバランスの取れた味わい。スペイサイドから本当に古めかしいピーテッドスタイルの一杯で素敵で楽しい味わい。

This is a rarity – the nose has very little hint of smoke – vanilla-scented candles and patchouli incense – apart from that we got chalky sweets, powder puff, cocoa, white pepper and Victory V’s. We did get gentle smoke, embers and ash on the palate – also gummi bears, pot-pourri, chocolate, liquorice and Trebor mints – quite an enigma. The reduced nose had lime marmalade, root beer, Germoloene, toasted marshmallows, kiln timbers and a coalman’s leather apron. The palate – nutty, cereal and honey sweetness balanced by smoke, burnt sticks and clinker ash. A very enjoyable curiosity, out-performing quite a few older peated drams from Speyside.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»