Jump to Content
芳醇、濃厚 & ドライフルーツ / DEEP, RICH & DRIED FRUITS NEW

107.23

価格
¥12,000
発売日 2021.10.22
熟成年数 9 Years
蒸留年 2011
カスク 2nd Fill Butt / Toasted
地域 Speyside
ボトリング本数 492
アルコール度数 67.2%

タイトル: Spicy and substantial / スパイシーでしっかりしている

[ノーズ]トロピカルバナナ農園とトーストしたオーク、ドライフルーツ、シンダータフィー、バタースコッチソース、ねっとりとしたタフィープディングの魅力的な香り。
[パレット]とても甘くて非常にウッディ(良い意味で!)、ラム酒とレーズン、プラムとラベンダーのジャム、砂糖漬けのダークチェリー、フィニッシュにはオイリーで、松っぽくスパイシーなパンチがある。いったん味わいがひくと、続いて新鮮なユーカリの香り、スパイシーなナン、ジンジャーケーキ、デーツが続き、ビーフジャーキーの歯ごたえのある食感で甘くてハーブの味わい。
5年間ex-oloroso butで熟成した後、second fill toasted buttへ移し替え。

Mixed dried fruits, cinder toffee, butterscotch sauce and sticky toffee pudding next to tropical banana plantations and toasted oak made this a fascinating experience on the nose. Very sweet and very woody (in a good way!) on the palate, rum and raisin, plum & lavender jam as well as candied dark cherries while in the finish an oily piney spicey punch. Diluted the scent of fresh eucalyptus was soon followed by spicy naan bread, ginger cake and dates, while to taste sweet and herbal with the chewy texture of beef jerky. After five years in an ex-oloroso butt, we transferred this whisky into a second fill toasted butt.

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»