The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

R1.4

Region(エリア)

Others

Age(熟成年)

21

Alc.%

66.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1991/01

Outturn(ボトリング本数)

696

Release(リリース日)

2013/3

 

 

Title(題)

活力が湧いてくる Gets the juices flowing

コメント

最初に香るのは、芳しい香りのヘアースプレーのように、甘くかなり強烈で、あとからトフィーとオレンジ味の固いキャンディがやさしく香る。時を経ると、さらに香りが深まり、かなり厚切りにカットされたオレンジのマーマレードと、かすかにスモークの香りのするカラメル状になったオレンジのような香りがあらわれる。
加水前の味は、焦がしたブラウンシュガー、またはブンゼンバーナーの裸火で炙ったクリームブリュレのように、熱く甘い。かなりジューシーだが、やがて驚くほどドライなフィニッシュ―オレンジクリーム入りダーク ビター チョコレートを感じる。加水すると、コショウをかけたステーキとトフィーキャラメルの次に、子供のころの記憶の中にあるオーブンで温めたポテトチップスの空袋の香りがよみがえる。
ジャマイカで最古のプランテーションのひとつで製造された味は、ルムトップフ(フルーツ・砂糖・ラム製のクリスマスの伝統菓子)のようで、全体的にジューシーな口あたりがすばらしい。

カラー:ダークピーチ トフィー (1.4) ===Rum===

ソサエティ日本支部の一言
【古いストーブの上で焼いたミカンと自家製の梅酒の実を食べているよう。ホット。】

Comment

The first nose was that of fragrant hairspray, perfumed and quite intense, followed by soft aromas of toffee and boiled orange sweets. With time deeper notes appear like very thick cut piece orange marmalade and a slightly smoky note of burnt oranges. To taste neat, hot and sweet like burnt brown sugar or a crème brulee torched with the naked flame of a bunsen burner. Very juicy but then a surprisingly mouth drying finish - orange crème dark bitter chocolate. With water, childhood memories of empty crisp packets warming up in the oven, next to charred peppered steak and toffee caramel. The taste, from one of the oldest plantations in Jamaica, is that of a Rumtopf with an overall wonderfully juicy mouth feel.
Colour: Dark peach toffee (1.4)

Price(価格)

¥10,000

プリントアウト用PDF

R1.4.pdf PDF

リストへ戻る