The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

G8.1

Region(エリア)

Others

Age(熟成年)

21

Alc.%

61.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1989

Outturn(ボトリング本数)

272

Release(リリース日)

2011/08

 

 

Title(題)

軽くて、鮮明で、心地よい Light, bright and agreeable

コメント

香りは、軽く、鮮明で、心地よい。磨き上げられたパイン材、植物サルタナ(地中海産種なし干しブドウ)、トフィー、チョコレートビスケット入りの缶、ピンクウェハースが香る。加水前の味は、とてもすばらしく、ラムレーズン、甘いトフィー、かすかにウッディー スパイスを感じる。セカンドノージングは、チョコレートとゴールデンシロップ、そして、メロン、グリーンバナナ、乾燥パパイア、洋ナシ、その他果樹園で栽培される果物など、フルーツの香りが前面に出てくる。加水後の味は、カスクの影響がかなりは積極的にあらわれ、時がたつにつれ、軽く繊細な味わいの蒸溜酒となる―シロップ漬けのライチー、やがて魅力的なウッドの香りへと移り変わる。この興味深いタリボディにあるグレーンウイスキーの蒸溜所は、最終的に1993年に閉鎖された。カラー :鮮明なイエローゴールド(0.7)ソサエティ日本支部の一言【塩キャラメル、レモンキャンディ、バターを使った焼き菓子、パパイヤ、バナナに程良い樽香とビター感。グレーンとしては例外的に余韻が長く、これほどの大量のバタースコッチフレーバーはモルトでは味わえません。】*** グレーン ***

Comment

The nose was light, bright and agreeable, with polished pine, plant stems, sultanas, toffee and a biscuit tin containing chocolate biscuits and pink wafers. We thought the unreduced palate quite beautiful, with rum and raisin, sweet toffee and hints of woody spice. The second nosing had chocolate and golden syrup, but now the fruits came to the fore – melon, green banana, dried papaya, pears and other orchard fruits. The reduced palate represented a very positive cask impact, over time, on light, subtle spirit – lychees in syrup and eventually attractive wood notes.
This interesting Tullibody grain distillery finally closed in 1993.
Colour – bright yellow gold(0.7)
*** Grain ***

Price(価格)

¥10,000

プリントアウト用PDF

G8.1.pdf PDF

リストへ戻る