The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

G11.1

Region(エリア)

Japan

Age(熟成年)

14

Alc.%

57.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1999/12

Outturn(ボトリング本数)

190

Release(リリース日)

2015/3

 

 

Title(題)

舌を刺す強さ! Tongue tingling intensity!

コメント

リチャーホグスヘッド熟成
最初の香りではチェリー・ベイクウェルタルト、バニラコート、フォームバナナ菓子を発見した。プラムの皮、コーンフレーク、バター豊富なペストリーのより深い香りが、快い溶剤のようなエッジ(ペアードロップ)に道を譲った。味にはエキゾチックなフルーツ(パパイヤとグアバ)、ラム酒のようなスパイス類、パプリカ風味蜂蜜漬け洋ナシ、そして舌を刺す途方もない強さがあった。
加水するとあたたかさ、まろやかさ、心安らぐココナツが現れる。スパイシーなラム酒の特徴は残り、一方ではナッティでクリーミーな風味が強さを増す。ピスタチオ・アイスクリーム、ジンジャーブレッド、レイシ、ピンク・ウェハースがある。風味豊かなフィニッシュでは、炒めたマッシュルームと焼いたブリーチーズの軽い香りがオークの甘いジューシーさとバランスをとって驚かされる。

Comment

On first nosing we discovered cherry Bakewell tarts, vanilla icing and foamy banana sweets.
Deeper notes of plum skins, cornflakes and buttery pastry gave way to a pleasing solvent-like edge (pear drops).
To taste, exotic fruits (papaya and guava), rum-like spices, pears in paprika honey and an incredible tongue tingling intensity.
Water brings warmth, roundness and comforting coconut. The spicy rum character remains while nutty and creamy flavours increase in power. There’s pistachio ice cream, gingerbread, lychees and pink wafers. A savoury finish surprises with light notes of sautéed mushrooms and baked brie, balanced by the sweet juiciness of oak.

Price(価格)

¥20,000

プリントアウト用PDF

G11.1.pdf PDF

リストへ戻る