The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

G10.3

Region(エリア)

Others

Age(熟成年)

24

Alc.%

59.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1988

Outturn(ボトリング本数)

171

Release(リリース日)

2013/6

 

 

Title(題)

甘い耽溺の約束 Promises sweet indulgences

コメント

香りは朝食ビュッフェを想起させた – ブランフレーク、ポリッジ、ハチミツ、マーマレード(オレンジの香りたっぷり)、そしてワッフルにかけたメープルシロップ。それからキャロットケーキ、ジンジャークッキー、微かな香水、ラミネート・フロアリングの気配もランダムに現れた。味は即座に魅了される甘い耽溺の期待 – バタースコッチ、トフィーエクレア、オレンジクリーム、フローラル系の香水、そこにジンジャー、シナモン、クローブがあまり遅れずに加わる。加水した香りはとても甘く、優しいスパイスでわずかに抑制される。味はシルキーでベルベットのような滑らかさの体験 – ミリオネアズショートブレッド、クレームブリュレ – オークの繊細な格子を抜けて差し込む液体ハチミツのような陽光。このゴーバルスの蒸溜所は1927年に建てられた。

カラー:イエローゴールド

ザ・ソサエティ日本支部の一言
【ジンジャーエールにバニラアイスをフロートさせたような香り。バターキャラメル、シナモンティー、ビターチョコがかかったエクレア。】

Comment

The nose evoked a breakfast buffet – bran-flakes, porridge, honey, marmalade (lots of orange notes) and maple syrup on waffles. We also identified random hints of carrot cake, ginger nuts, faint perfume and laminate flooring. The palate was immediately attractive, promising sweet indulgences – butterscotch, toffee éclairs, orange creams and floral perfumes, with ginger, cinnamon and clove not far behind. The reduced nose was very sweet, just held in check by gentle spices. The palate was now a silky, velvety experience – millionaire's shortbread, crème brûlée – liquid honey sunshine filtering through a filigree trellis of oak. This Gorbals-based distillery was built in 1927.

Colour : Yellow gold

Price(価格)

¥11,000

プリントアウト用PDF

G10.3.pdf PDF

リストへ戻る